BASF社製3Dプリンターフィラメント【日本総代理店】日本3Dプリンター株式会社

コラム

PlastfixはBASF「Forward AM」フィラメントで衝突メンテナンス向けのツールとして初めての3D造形最終製品を作った

  • 導入事例

2021.12.08

車体の凹みを修復する従来の方法では、車体コンポーネントのパフォーマンスが低下しますが、オーストラリアの会社Plastfixは、BASF ForwardAMの積層造形技術と3DプリントフィラメントBASF PLAおよびPLA Pro1を使用しています。 3DプリントされたPlastiPUSHボディ修復ツールを加熱して使用することにより、車体の凹みを効率的、迅速、低コストで修復できました。

運転する方はよく知っていると思いますが、運転に集中しなければ、車をぶつかると車体に凹みができやすいです。プラスチック製のフェンダーのへこみは、見栄えの良い車には間違いなく傷をつけてしまいます。これらのへこみの修理やメンテナンスは、自動車修理会社にとってはよくすることです。

部品の交換ではなく、プラスチックボディを修復する

交通事故修理メンテナンスの場合、フェンダーのへこみを修理する従来の方法は、フィラーを使用することです。この方法が実行できない場合は、フェンダー全体が交換されます。しかし、フィラーを使用するには、異物や溶剤の層を追加する必要があります。これにより、間違いなくいくつかのリスクが発生します。コンポーネントの総重量が増加し、コーティングの付着、亀裂、変形などの問題が頻繁に発生し、最終的にはコンポーネントの性能が低下します。つまり、修理にフィラーを使用すると、多くの保証の問題が発生する可能性があり、時間とコストがかかります。

衝突メンテナンス向けのツールとして初めての3D造形最終製品

このような頻繁な修理メンテナンスの効率を向上させるために、オーストラリアの会社Plastfixは、BASF ForwardAMの積層造形技術と3Dプリントフィラメントで革新的なソリューション「Plastfix修理プロジェクト」を提案しました。

「Plastfix修理プロジェクト」とは

3D造形された車体修理ツールを加熱して使用することにより、車のプラスチック部品は衝突前の形状にすばやく戻ることができます。PlastiPUSHボディ修復ツールは、BASF ForwardAMのUltrafuse®PLAおよびUltrafuse®PLA PRO1フィラメントによって3D造形されています。ヒューズ製造(FFF)に適したこれらの耐衝撃性、熱安定性の高い材料により、Plastfixはさまざまなツール設計をよりコストパフォーマンスの高い方法で造形およびテストできるだけでなく、最終製品を小ロット生産で迅速にできます。

異なるサイズのPlastiPUSHボディ修復ツールは、そのサイズに応じて様々なボディパーツを修復できます。(图:Plastfix)

Plastfixは、スピードとフレキシブルを一番大切にしているため、最適なフィラメント「Forward AM」の「Ultrafuse® PLA」と「Ultrafuse® PLA PRO1」を見つけました。

さまざまなフィラメントをテストした結果、「Ultrafuse®PLA」が最高の品質と最高の造形一致性を備えていることがわかりました。それは、このまもなくグローバルに拡大の急成長中会社にとってはすごく重要です。なぜなら、豊かな知識を持たなくてもUltrafuse®PLAで簡単に3D造形することができるからです。

さらに、自動車のプラスチックフェンダーを修理するためのツールとして、プラスチックフィラメントを使用することは非常に有利です。これは加熱されたプラスチック部品に穴を開ける鋭利な工具や、ドライバービットなどの不適切な鈍い工具に取って代わります。Ultrafuse®PLAにはさまざまな色があり、Plastfixで衝突修理メンテナンス店向けにカスタマイズされた色やデザインを3D造形できます。

BASF ForwardAMの「Ultrafuse®PLA」フィラメントで造形された PlastiPUSH修復ツール

Other関連記事

PAGETOP

Contactお問い合わせ

03-6683-9789

【受付時間】09:00〜18:00(土日祝除く)